歯の黄ばみの原因と落とし方

歯の黄ばみはどのように付いてしまうのでしょうか?その最大の原因は私たちの食生活にありました。食事や飲み物などに含まれている汚れや色素が原因です。できる事はこまめなホワイトニングとブラッシングです。

歯の黄ばみの原因と落とす方法

歯の黄ばみの原因

歯の黄ばみの原因は主に食事あります。毎日3回食事をしますが食物には黄ばみの原因となる食べカスや色素などがあります。主に食べかすを排除できないせいで黄ばみの原因となります。

私たちの歯を覆っているエナメル質を補修している成分には困った性質があります。補修してくれるのはいいのですが、同時に汚れとなる成分を付着させたまま補修してしまいます。家の壁の塗装をしているのに砂利などを付着させたまま塗っているのと同じです。

汚れが付いたまま修復が完了するともうブラッシングなどでは落とす事はできません。ブラッシングでできることは歯の表面に付いた汚れを落とすことだけです。

歯の黄ばみを落とす方法

歯の黄ばみを落とす方法は主に2種類です。1つは普段のブラッシング。もう一つは歯医者さんで歯を漂白してもらう方法です。

ドラッグストアなどで販売されているホワイトニング歯磨きの作用は毎日のブラッシングで歯に付着した汚れを落とすタイプのものです。なのですでに沈着してしまった歯の黄ばみは落とす事ができません。しかし、続けて使用することである程度であればエナメル質を白く回復させることができるといわれています。

歯に付着した汚れを落とす方法はこまめなブラッシングですが多くの人が間違った方法をしています。基本的には1つの歯に対して5秒程度優しくブラシしてあげる事です。多くの人が「強く速くこすれば落ちる」とと勘違いしてしまうことです。歯ブラシは毛先が歯に触れたときに反らない程度の圧着力で使うようにデザインされています。強くすると毛先の弾力を使えないばかりか歯の表面に傷をつける原因にもなります。

歯の黄ばみを落とすのにオススメの歯磨き粉

歯の黄ばみを落とすのにオススメの歯磨き粉はホワイトニング歯磨き粉です。現在販売されているホワイトニング歯磨き粉は薬用ですので歯を白くする作用が認められている成分を使用しています。

ホワイトニング歯磨き粉に含まれている成分では無水ケイ素やピロリン酸ナトリウム、酸化カルシウム、水酸化カルシウムなどが落とす成分として配合されています。

また、再石灰化を促す成分としてはハイドロキシアパタイトやフッ素などが最近の主流です。歯磨き粉の他にもジェルタイプがあります。

歯医者で歯の黄ばみを落としてもらう方法

普段の歯磨きではなかなか沈着してしまった黄ばみまでは落としきれません。なので根本から白くしてみたい人は歯医者さんに相談してみてはいかがでしょうか?歯医者さんで行うホワイトニングは漂白するので歯が本来持っている白さを取り戻すことができます。
効果は高いですが費用面での負担が大きいことがデメリットですしさらに保険の適用外なのが残念です。

参考ページ:ヤニによる歯の黄ばみ落としの原因と対策

No comments

The comments are closed.