歯の黄ばみの原因と落とし方

歯の黄ばみはどのように付いてしまうのでしょうか?その最大の原因は私たちの食生活にありました。食事や飲み物などに含まれている汚れや色素が原因です。できる事はこまめなホワイトニングとブラッシングです。

歯の黄ばみと口臭の関係と対策

歯の黄ばみと口臭で人で対人恐怖症に?

人と接するときに歯の黄ばみや口のにおいが気になってしまうことがあります。そのおかけでなかなか笑顔になれない女性は多ものです。日頃から念入りに歯磨きやマウスウォッシュをしてもいざ人前に出ると「もしかしたら私の口ってくさいのかな?」思ってしまうことがあります。ですが少しの事で歯の黄ばみや口のにおいには少しお金だけですぐに改善することができます。

歯の黄ばみと口のにおいは関係います。特に食べ物や飲み物には注意が必要です。といってもにおいを発生されるものを食べるなとというものではなく食べた後のケアをきちんとすることで黄ばみやお口のにおいは解決することができます。歯の黄ばみやお口のにおいの原因になっているのは食事をした後に歯の表面や隠れた部分に残っている食べかすなどです。

歯の黄ばみの原因

歯の黄ばみについて理解しておきましょう。私たちの歯にエナメル質があります。食事をした後には汚れの原因となる成分や色素などが残ります。お口の中でそれらの成分を補助的に分解しますがこの時に歯の再石灰化を促す物質が再石灰化時に分解した成分や色素まで取り込んでしまいます。コレが歯の黄ばみの原因です。
歯の黄ばみの原因となる成分や色素は主に食事や飲み物に含まれています。赤ワインやコーヒー、大豆、紅茶、緑黄色野菜などです。

お口のにおいの原因

私たちが食事をすると食べカスなどを元にして白っぽいコロニーをつくります、粘性があるゼリー状の白い塊でプラークといいます。
プラークは私たちの歯に重大な影響を与えます。症状としては虫歯や歯周病の原因物質です。長い間にわたって歯の隙間や歯と歯肉の間にプラークが付着したままになることでプラークは固まり歯石になってしまいます。

お口のにおいや歯の黄ばみなどの共通の原因は食べカス

歯の黄ばみとお口のにおいの原因に共通しているのが食事の後に食べかすが残ってしまっていることにあります。きちんとブラッシングできていれば良いのですが磨き残しの場合は食べかすが残ってプラークや歯石などになってしまいます。
歯石などが気になる場合は歯医者さんで除去してもらいましょう。

自宅でできる歯の黄ばみとお口の匂い対策

歯医者さんで歯石などを除去した後などは特に歯のブラッシングやケアはしっかりすることで歯の黄ばみやお口のにおいを防ぐことができます。

まず、こまめなで丁寧なブラッシングを心がけましょう。1本ずつ丁寧に優しくが基本です。この時に併せて使いたいのが薬用ホワイトニング歯磨き粉とデンタルフロスです。特にフロスは歯の間の汚れを落とすことができます。

さらに歯磨きの後にはフッ素系のマウスウオッシュをしてあげる事で黄ばみ対策にもなりますし口臭対策にもなります。

関連するページ:自宅でできる黄ばみを落とす方法!シンプルホワイトニングのすすめ

No comments

The comments are closed.