歯の黄ばみの原因と落とし方

歯の黄ばみはどのように付いてしまうのでしょうか?その最大の原因は私たちの食生活にありました。食事や飲み物などに含まれている汚れや色素が原因です。できる事はこまめなホワイトニングとブラッシングです。

自宅でできる黄ばみを落とす方法!シンプルホワイトニングのすすめ

歯にできる黄ばみの原因

歯にできてしまった黄ばみの原因は普段の食事や飲み物などの汚れや色素が沈着することで歯は黄色くなってしまいます。

歯に付着した汚れを落とす事が歯を白くするために必要です。歯に付いた汚れには2種類あります。1つはすでに歯を覆っているエナメル質に沈着した汚れです。残念なことにエナメル質に沈着した黄ばみは簡単には落とす事ができません。

そこで今からできる対策として食後の歯磨きで付着するであろう汚れを落とす事で歯を白くする方法です。後者の方法ならば比較的に簡単に落とす事ができますが前者の場合は色素を抜くなどがありますが自宅でできる方法としては一般的ではありません。

歯に付いてしまった黄ばみを落とす方法

歯に付いてしまった汚れ、黄ばみを落とす方法は日頃のブラッシングです。汚れの原因となる物質は私たちの食事や飲み物などに含まれています。そこでブラッシングでどれだけ歯に付いた汚れを落とすかで歯のキレイさが変わってきます。

歯のブラッシングで気をつけたいポイントはゆっくり丁寧にが基本です。一本一本丁寧に優しく撫でるようにしましょう。よく、ゴシゴシと力強くこする方がいますが、この方法ですと歯ブラシの毛先を有効に使用することができません。歯ブラシを有効に使うには毛先が歯に付いたときに反り返らないぐらいのタッチでブラッシングすることです。

ブラッシングでは一本の歯については最低でも5秒程度の時間をかけてあげましょう。電動ブラシのように早くする必要はありません。電動ブラシは設計のコンセプトが早くしても効率よく落とすように設計されているために無駄がありません。ご自分の手でブラッシングする場合は機械のようにできませんので丁寧にする必要があります。

汚れを落とすのにオススメの歯磨き粉

汚れを落とす時に使いたいグッズはホワイトニング専用の歯磨き粉です。ホワイトニング歯磨き粉のほとんどは薬用ですので使い続ける事でホワイトニング効果が実証されています。そこでホワイトニング効果に優れた成分をご紹介しましょう。

ホワイトニング効果に優れている成分は2種類あります。研磨剤では極微粒子の無水ケイ素などがオススメです。最近ではカルシウムなどでコーティングしているなどのオリジナル成分なども使われて汚れ成分を落とす能力が高いです。次は浮かして落とすタイプの成分です。最近の主流はマクロゴール400やピロリン酸ナトリウムです。歯に付いた汚れを浮かすのでエナメル質に影響を与えずに高い洗浄力を実現しています。
“”汚れを落とす時に使いたいグッズはホワイトニング専用の歯磨き粉です。ホワイトニング歯磨き粉のほとんどは薬用ですので使い続ける事でホワイトニング効果が実証されています。そこでホワイトニング効果に優れた成分をご紹介しましょう。

ホワイトニング効果に優れている成分は2種類あります。研磨剤では極微粒子の無水ケイ素などがオススメです。最近ではカルシウムなどでコーティングしているなどのオリジナル成分なども使われて汚れ成分を落とす能力が高いです。次は浮かして落とすタイプの成分です。最近の主流はマクロゴール400やピロリン酸ナトリウムです。歯に付いた汚れを浮かすのでエナメル質に影響を与えずに高い洗浄力を実現しています。

仕上げはフッ素でコーティング

ホワイトニング歯磨きで汚れを落とした後は歯の再石灰化を促進してあげましょう。そうすることでエナメル質にできてしまった傷などを修復することができますしホワイトニング効果も高くなります。

オススメはフッ素などを配合したジェルなどを利用するとよいでしょう。

関連ページ:歯の黄ばみの原因と落とし方

No comments

The comments are closed.